米中貿易摩擦という火種を抱えて株安に歯止めがかからない中国で、10月18日には中国政府の複数の経済閣僚が一斉に株価下落を回避させるための口先介入を行うという異例の対応を行った。大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は10月31日、「習近平国家主席の経済ブレーン・劉鶴副首相は何を語ったのか」と題したレポート(全1ページ)を発表し、閣僚の一斉発言の中で劉鶴副首相が語った内容から、中国で問題視されている「国進民・・・・

続きを読む