東京市場のドル/円は、アジア株の反発に加え、対中貿易交渉に関するトランプ米大統領の楽観的な発言を支えに112.70円台を回復しました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

10/30(火)
17:55 独10月雇用統計
19:00☆ユーロ圏7-9月期GDP・速報値
19:00 ユーロ圏10月消費者信頼感指数
22:00☆独10月消費者物価指数・速報値
22:00 米8月ケース・シラー住宅価格指数
22:30 プラートECB専務理事講演
23:00☆米10月消費者信頼感指数
23:00 メキシコ7-9月期GDP
23:10 ラウテンシュレーガーECB専務理事講演

10/31(水)
08:50 日本9月鉱工業生産・速報値
09:30☆豪7-9月期消費者物価指数
10:00☆中国10月製造業PMI
※☆は特に注目の材料

 アジア市場は各国の株価が概ね上昇しており、NYダウ先物も一時150ドル前後上昇しました。市場には、ひとまず安心感が広がっているようですが、まだ「病み上がり」とも言えるため、今夜の欧米株式市場の動きを確認したいところです。また、株価と比較的相関性が高いとされる米消費者信頼感指数(10月分)の結果にも注目です。なお、前回(9月分)は138.4と約18年ぶりの高水準を記録しましたが、今回は135.9への低下が予想されています。(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.200-113.000円)(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)