米国の金利上昇を手掛かりとしたドル買いと、世界的な株安を背景としたリスクオフの円買いが交錯し、ドル/円が狭いレンジでもみ合う展開になっている。外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長兼上席研究員の神田卓也氏(写真)は、「米国の経済指標に大型ハリケーンによるイレギュラーな影響が入り込みファンダメンタル分析が難しくなっているところへ、米国の中間選挙が重なっているため、当面は経済指標の強弱よりもニュースのヘッドラ・・・・

続きを読む