昨日のドル/円は112円台前半へと反落して引けた。一時は112.74円前後まで強含むも、米国株が大幅続落となり、円が全面的に買われる中、112.09円前後まで反落した。本日のアジア市場も株安リスクが高いと見られるため、ドル/円には一段の下押し圧力がかかる可能性もある。もっとも、NYダウ平均が昨日の下げで今年の上げ幅を吐き出した一方、ドルインデックスは8月に付けた年初来高値に迫るなど、足元では「対円以外でのリスク回避のドル買い」も目立つ。そうしたドル買いにも支えられて111円台後半のサポートを維持できるかが、本日のドル/円相場の焦点だろう。
 なお、今月は15日に付けた111.62円前後を最安値として切り返しており、先週18日と今週23日には111.90円台で下げ渋った経緯がある。
本日の予想レンジ:111.600-112.600円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)