うかい <7621> (JQ)は高級和食・洋食料理店を主力として、文化事業(箱根ガラスの森美術館)も展開している。19年3月期は18年3月期の新規出店が通期寄与して営業・経常増益予想である。株価は地合い悪化の影響で急落し、モミ合いから下放れの形となったが、売り一巡して反発を期待したい。
 
■高級和食・洋食料理店が主力
 
 高級和食・洋食料理店の事業本部(和食事業、洋食事業、物販事業)を主力に、文化事業(箱根ガラスの森美術館)も展開している。18年3月期売上高構成比は事業本部91%(和食43%、洋食43%、物販5%)、文化事業9%だった。収益面では第3四半期の構成比が高い特性がある。
 
 成長戦略では「更なるブランドの構築」をテーマとして、人材の確保・育成、ブランドの研鑽、物販事業の成長促進、国際的なブランド発信に取り組んでいる。数値目標には、21年3月期の売上高145億16百万円、営業利益5億50百万円を掲げている。
 
 18年3月には、東京・六本木ヒルズに鉄板料理「六本木うかい亭」と割烹料理「六本木 kappou ukai」の2店舗を同時オープンした。
 
 海外については17年11月、第1号店の「うかい亭 高雄」を台湾・高雄市のホテル「シルクスクラブ」内にグランドオープンした。18年4月には台湾の御盟建設と、台湾台北市の商業施設「微風南山」内に同社が運営するレストランについて業務提携した。
 
■19年3月期増収・営業増益・経常増益予想
 
 19年3月期の非連結業績予想は、売上高が18年3月期比6.6%増の141億15百万円、営業利益が6.1%増の3億76百万円、経常利益が3.0%増の3億54百万円、純利益が9.0%減の1億99百万円としている。配当予想は18年3月期と同額の年間18円(期末一括)で予想配当性向は47.3%となる。
 
 第1四半期は、売上高が新店も寄与して前年同期比4.4%増の34億33百万円と堅調だったが、利益面では人件費の増加、店舗数増加に伴う固定費の増加などで、営業利益が49.4%減の66百万円、経常利益が54.7%減の56百万円、純利益が71.5%減の22百万円だった。ただし概ね計画水準としている。
 
 通期ベースでは、18年3月期に新規出店した六本木うかい亭、六本木 kappou ukai、物販のアトリエうかいエキュート品川、アトリエうかいトリエ京王調布が通期寄与して増収・営業増益・経常増益予想である。事業別売上高の計画は事業本部が7.4%増の129億09百万円、文化事業が1.0%減の12億06百万円としている。コスト面では、開業費や従業員持株ESOP信託終了に伴う分配金などの一過性費用がするが、店舗設備の改修・補修などの戦略的投資を見込んでいる。
 
 事業本部の18年9月売上は全店105.4%、既存店99.5%だった。既存店は客数が減少したが、客単価は15年5月から40ヶ月連続の前年比プラスである。また18年4月~9月では全店104.1%、既存店98.4%だった。
 
■株主優待制度は毎年9月末の株主対象
 
 株主優待制度は毎年9月末時点の1単元(100株)以上保有株主を対象として、保有株式数に応じて優待券などを贈呈している。
 
■株価は売り一巡して反発期待
 
 株価は地合い悪化の影響で急落し、4400円近辺でのモミ合いから下放れの形となった。10月11日には3705円まで下押す場面があった。その後はやや乱高下する展開だが、売り一巡して反発を期待したい。10月24日の終値は3915円、今期予想PER(会社予想EPS38円02銭で算出)は約103倍、今期予想配当利回り(会社予想の18円で算出)は約0.5%、前期実績PBR(前期実績BPS973円39銭で算出)は約4.0倍、時価総額は約205億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)