キャンディル <1446> (東マ)は、住宅市場および商業施設市場を対象に建築サービス関連事業を展開している。18年9月期増収増益予想である。そして19年9月期も収益拡大を期待したい。株価は安値を更新する展開だが、IPO時の高値から半値水準で、ほぼ底値圏だろう。
 
■建築サービス関連事業を展開
 
 18年7月東証マザーズに新規上場した。住宅市場および商業施設市場を対象に、建築サービス関連事業として、住宅建築途中で発生する傷の修復を行うリペアサービス、住宅引き渡し後のアフター定期点検を行う住環境向け建築サービス、商業施設の内装工事や大手家具メーカーIKEAの日本国内での家具組み立てサービスを行う商環境向け建築サービス、およびリペア材料などの商材販売を展開している。
 
 18年9月には子会社バーンリペアがSOMPOワランティと業務提携し、10月19日には子会社キャンディルデザインとドゥーマンズの業務提携を発表した。
 
■18年9月期増収増益予想
 
 18年9月期連結業績予想は、売上高が17年9月期比7.2%増の128億20百万円、営業利益が12.1%増の3億74百万円、経常利益が16.0%増の3億31百万円、純利益が38.1%増の1億55百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が92億35百万円、営業利益が2億99百万円、経常利益が2億48百万円、純利益が95百万円だった。リペアサービスが1.3%増収、住環境向け建築サービスが5.8%増収と堅調に推移し、商環境向け建築サービスが21.4%増収と大幅伸長した。通期予想に対する進捗率は売上高72.0%、営業利益79.9%と順調である。通期ベースで好業績を期待したい。さらに19年9月期も収益拡大を期待したい。
 
■株価は底値圏
 
 株価は上場来安値を更新する展開で、10月23日と24日には971円まで下押した。ただし18年7月IPO時の高値1850円から半値水準で、ほぼ底値圏だろう。10月24日の終値は974円、前期推定連結PERは約30倍、時価総額は約49億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)