夢真ホールディングス <2362> (JQ)は建設技術者派遣事業や製造・IT業界向けエンジニア派遣事業などを展開している。18年9月期大幅増益予想である。需要が高水準に推移して19年9月期も収益拡大が期待される。株価は地合い悪化の影響でモミ合い下放れの形となったが、売り一巡して反発を期待したい。
 
■建設技術者派遣事業を主力にエンジニア派遣事業も展開
 
 建設技術者派遣事業を主力として、連結子会社夢テクノロジー<2458>の製造・IT業界向けエンジニア派遣事業や、その他事業(人材紹介、フィリピン現地人材への日本語教育、ベトナム現地人材の採用支援、ITエンジニア育成など)も展開している。グループ合計の稼働技術者数は17年12月に6000人を突破した。
 
 経営リソースを成長セグメントに集中し、管理機能や人的資源の有効活用を図るためグループ再編も進めている。17年12月には連結子会社Keepdataの株式を譲渡した。一方で夢真テクノロジーがエンジニア派遣事業のクルンテープを子会社化、18年8月夢テクノロジーが夢エデュケーションを吸収合併した。18年10月には子会社の夢ソリューションズを吸収合併、フィリピンのP4U社を子会社化、CISCO製品を中心としたIT機器販売・レンタルおよびITエンジニア派遣のネプラスを子会社化、建機・液晶設計の三立機械設計を子会社化した。
 
■18年9月期は増額して大幅増益予想、19年9月期も収益拡大期待
 
 18年9月期連結業績予想(9月7日に利益を増額修正)は、売上高が17年9月期比27.8%増の390億円、営業利益が2.3倍の54億円、経常利益が2.1倍の52億円、純利益が2.6倍の37億円としている。配当予想は17年9月期と同額の年間35円(第2四半期末15円、期末20円)で、予想配当性向は70.5%となる。
 
 エンジニア派遣事業の連結子会社夢テクノロジーが19年9月期に向けた採用費積み増しで利益予想を減額修正(8月10日)したが、主力の建設技術者派遣事業において技術者採用および定着率が想定を上回り、稼働率および派遣単価の改善も寄与して売上総利益率が改善する。その他事業において事業再編が想定より進捗し、損失が縮小することも寄与する。
 
 なお建設技術者派遣事業の月次速報によると、18年9月は売上高が23%増収、営業利益が33%増益だった。技術者採用は17年10月~18年9月累計2764人となった。
 
 建設技術者派遣、エンジニア派遣とも需要が高水準に推移している。19年9月期も収益拡大が期待される。
 
■21年9月期営業利益100億円目標
 
 新中期経営計画(19年9月期~21年9月期)では21年9月期売上高762億円、営業利益100億円、純利益68億円を目標に掲げている。セグメント別には建設技術者派遣の売上高580億円、営業利益80億円、期末技術者数7800人、エンジニア派遣の売上高250億円、営業利益18億円、期末技術者数5500人としている。
 
 なお株主還元策は18年9月期以降、1株当たり配当額35円以上を維持する。ROEは30%以上を目指す。さらに東証1部への市場変更を目指すとしている。
 
■株主優待制度は9月末の株主対象
 
 株主優待制度は毎年9月30日時点の3単元(300株)以上保有株主を対象として、18年9月末から導入した。保有株式数に応じて贈呈されるポイントを、特設サイト内の商品・サービスと交換する。ポイントは次年度に繰り越すことができ、最大2年間有効である。
 
■株価は売り一巡して反発期待
 
 株価は地合い悪化の影響でモミ合い下放れの形となったが、10月11日の年初来安値959円から切り返しの動きを強めている。10月19日の終値は1014円、前期推定連結PER(会社予想連結EPS49円62銭で算出)は約20倍、前期推定配当利回り(会社予想の年間35円で算出)は約3.5%、前々期実績連結PBR(前々期実績連結BPS160円67銭で算出)は約6.3倍、時価総額は約756億円である。週足チャートで見ると安値圏で下ヒゲを付けた。売り一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)