キュービーネットホールディングス <6571> は、低価格・短時間ヘアカット専門店QB HOUSEをチェーン展開している。19年6月期は新規出店などで増収・2桁増益予想である。19年2月1日からは国内QB HOUSEの価格改定を予定している。株価は地合い悪化の影響で戻り高値圏から反落したが、調整一巡して反発を期待したい。
 
■ヘアカット専門店QB HOUSEをチェーン展開
 
 18年3月東証1部に新規上場した。時間産業のパイオニアとして、低価格・短時間のヘアカット専門店QB HOUSE、および新ブランドのFaSSを、直営店中心にチェーン展開している。
 
 18年6月期末の店舗数は、国内552店舗(QB HOUSE541店舗、FaSS11店舗)、海外(シンガポール、香港、台湾、米国)119店舗、合計671店舗である。
 
 収益面では、繁忙期の第1四半期と第4四半期の構成比が高い季節特性がある。なお19年2月1日から国内「QB HOUSE」の価格改定を予定している。人材を確保し易くすることで、更なる店舗拡大・成長を目指す。
 
■19年6月期増収・2桁増益予想
 
 19年6月期連結業績(IFRS)予想は、売上収益が18年6月期比5.8%増の204億06百万円、営業利益が15.7%増の19億円、親会社所有者帰属当期利益が17.7%増の12億26百万円としている。
 
 新規出店や既存店の成長で増収・2桁増益予想である。店舗展開は、新規出店43店舗(国内31店舗、海外12店舗)、閉店10店舗(国内9店舗、海外1店舗)の計画である。国内価格改定の影響も織り込んだ。
 
 なお国内店舗売上高(速報値)によると、18年9月は全店102.1%、既存店100.5%、18年7月~9月累計は全店102.9%、既存店101.6%と順調である。好業績を期待したい。
 
■株価は調整一巡して反発期待
 
 株価は地合い悪化の影響で戻り高値圏2300円近辺からから反落したが、10月11日の直近安値1933円から切り返しの動きを強めている。10月19日の終値は2061円、今期予想連結PERは約21倍、時価総額は約255億円である。調整一巡して反発をきたいしたい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)