ファイバーゲート <9450> (東マ)はWi-Fiソリューション総合サービス企業である。19年6月期2桁増収増益予想である。東証1部への市場変更を目指して10月17日に立会外分売を実施した。株価は戻り一服の形だが、自律調整を交えながら7月の上場来高値を目指す展開が期待される。
 
■独立系Wi-Fiソリューション総合サービス企業
 
 18年3月東証マザーズに新規上場した。独立系のWi-Fiソリューション総合サービス企業である。18年8月には朝日ネット <3834> と業務提携した。
 
 18年6月期の売上構成比は、レジデンスWi-Fi事業(マンション・アパート向け無料インターネット接続サービス)が72%、フリーWi-Fi事業(観光地や商業施設向けフリーWi-Fiサービス、法人ネットワーク事業、Wi-Fiプロダクト事業)が28%だった。
 
■19年6月期2桁増収増益予想
 
 19年6月期連結業績予想は、売上高が18年6月期比25.1%増の49億76百万円、営業利益が19.7%増の6億70百万円、経常利益が18.2%増の6億02百万円、純利益が11.1%増の3億46百万円としている。
 
 売上面ではレジデンスWi-Fi事業が牽引し、利益面ではフリーWi-Fi事業が牽引して2桁増収増益予想である。好業績を期待したい。
 
■株価は7月高値目指す
 
 株価(18年9月1日付で株式2分割)は戻り一服の形だが、下値を着実に切り上げている。10月18日の終値は1780円、今期予想連結PERは約49倍、時価総額は約170億円である。自律調整を交えながら7月の上場来高値2267円を目指す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)