ロードスターキャピタル <3482> (東マ)は、付加価値を高めて売却する不動産投資運用を主力としている。18年12月期大幅増収増益・増配予想である。株価は地合い悪化も影響して水準を切り下げたが、調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
 
■不動産投資運用が主力
 
 不動産とテクノロジーを融合し、コーポレートファンディング事業(不動産投資、不動産賃貸)を主力として、クラウドファンディング事業、その他事業(アセットマネジメント)も展開している。18年8月にはクラウドファンディング事業で、エクイティ投資型商品の第1号案件の募集を開始した。収益は物件売却によって変動しやすい。
 
■18年12月期大幅増収増益・増配予想
 
 18年12月期の連結業績予想(6月26日に上方修正)は、売上高が17年12月期比20.4%増の105億85百万円、営業利益が70.4%増の23億25百万円、経常利益が75.6%増の20億89百万円、純利益が58.8%増の12億61百万円としている。配当予想は6円50銭増配の年間17円50銭(期末一括)としている。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比53.8%増の50億85百万円、営業利益が90.2%増の15億13百万円、経常利益が2.0倍の14億09百万円、純利益が99.2%増の9億25百万円だった。コーポレートファンディング事業の不動産投資は4物件売却して55.9%増収、不動産賃貸は28.6%増収、クラウドファンディング事業は5.3倍増収と、いずれも好調に推移した。
 
 通期予想に対する進捗率は売上高48.0%、営業利益65.1%である。物件売却によって変動しやすい収益構造だが、通期ベースでも好業績が期待される。
 
■株価は調整一巡して出直り期待
 
 株価は8月の上場来高値3080円から反落し、地合い悪化も影響して水準を切り下げたが、10月11日の直近安値2156円から反発の動きを強めている。10月17日の終値は2355円、今期予想連結PERは約20倍、時価総額は約247億円である。週足チャートで見ると安値圏の下ヒゲで調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)