米国との間で「貿易戦争」と呼ばれるような追加関税合戦を繰り広げている中国の4月-6月期の経常収支は、1-3月期の赤字から53億ドルの黒字に転換した。しかし、黒字幅は小さい。大和総研経済調査部の研究員 中田理惠氏は10月16日、「中国:2018年4-6月期の国際収支統計」と題したレポート(全6ページ)を発表し、米中貿易摩擦の激化による中国経済への影響を憂慮した。レポートの要旨は以下の通り。

 ・・・・

続きを読む