トレジャー・ファクトリー <3093> はリユースショップを展開している。19年2月期第2四半期累計は新規出店、既存店売上総利益率改善、子会社収益改善などで計画超の大幅増益だった。通期も大幅増益予想である。そして上振れ余地がありそうだ。株価は安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■リユースショップを首都圏中心に展開
 
 総合リユース業態トレジャー・ファクトリーや服飾専門リユース業態トレファクスタイルを主力とするリユースショップを、首都圏直営店中心に展開している。収益面では第2四半期(6~8月)の構成比が小さい季節特性がある。
 
 18年10月10日時点の店舗数は、16年9月子会社化したカインドオル、18年3月子会社化したゴルフキッズを含めてグループ合計183店舗(トレジャー・ファクトリー63店舗、トレファクスタイル49店舗など単体122店舗、カインドオル40店舗、ゴルフキッズ21店舗)である。
 
 中期成長に向けた戦略として、既存店強化と新規出店(複数業態を組み合わせて国内主要都市への出店加速)、M&Aの活用、海外事業(17年11月にタイ・バンコク2号店オープン)、新規事業への投資を推進する。
 
■19年2月期2Q累計が計画超の大幅増益で通期予想にも上振れ余地
 
 19年2月期連結業績予想は、売上高が18年2月期比8.3%増の177億99百万円、営業利益が31.6%増の8億18百万円、経常利益が25.7%増の8億41百万円、純利益が60.2%増の5億54百万円としている。配当予想は18年2月期と同額の年間16円(第2四半期末8円、期末8円)としている。予想配当性向は32.6%となる。
 
 第2四半期累計は売上高が前年同期比7.7%増の83億07百万円、営業利益が54.6%増の2億43百万円、経常利益が38.7%増の2億61百万円、純利益が36.8%増の1億64百万円だった。新規出店は9店舗だった。既存店(単体)の売上は99.2%だったが、売上総利益率が0.6ポイント上昇の65.2%と改善し、販管費のコントロール、子会社カインドオルの収益改善なども寄与して計画超の大幅増益だった。
 
 通期も大幅増益予想である。12店舗前後の新規出店、既存店売上100%、既存店売上総利益率0.5ポイント改善、子会社カインドオルおよびゴルフキッズの収益改善を見込み、海外事業も黒字化を目指している。
 
 月次売上(単体直営店の店舗売上、前年比速報値ベース)を見ると、18年9月は全店107.7%、既存店100.7%だった。既存店売上は6ヶ月ぶりに前年比プラスに転じた。台風の影響を受けたが、休日が前年よりも2日多く、生活家電が好調だった。9月の新規出店は1店舗、退店は0店舗で、9月末時点の店舗数は120店舗となった。
 
 第2四半期累計の進捗率は売上高46.7%、営業利益29.7%と低水準の形だが、第2四半期の構成比が小さい季節特性のためネガティブ要因とならない。第2四半期累計が計画超の大幅増益だったことを考慮すれば、通期予想にも上振れ余地がありそうだ。好業績を期待したい。
 
■株主優待制度は2月末の株主対象
 
 株主優待制度は毎年2月末時点の1単元(100株)以上保有株主を対象に実施している。
 
■株価は調整一巡して出直り期待
 
 株価は第2四半期累計業績に対してネガティブな初期反応となり、7月の年初来安値645円に接近する場面があったが、その後は切り返しの動きを強めている。
 
 10月15日の終値は718円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS48円76銭で算出)は約15倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間16円で算出)は約2.2%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS348円09銭で算出)は約2.1倍、時価総額は約83億円である。週足チャート見ると安値圏で下ヒゲを付けた。調整一巡して出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)