スプリックス <7030> は、本年6月29日に東京証券取引所市場第一部に上場。同社は、関東甲信越で展開している個別指導の「森塾」や全国に展開中の自立学習「RED」等のスクール運営だけでなく、世界中の人により効率的に貢献するために、現在デジタル教材や学習プラットフォーム等の教育IT分野に積極的に投資しており、最終的には「教育×IT」で世界No.1企業になることを目指している。
 
 教育IT事業では、「学習動画」や「学習マンガ」等の教育アプリの企画・開発を含め、様々なネット上の学習コンテンツを提供している。
 
 個別指導事業では、業界で初めて「1科目+20点保証」を実現して急成長中の「先生1人に生徒2人まで」の『森塾(生徒数2万突破)』を運営しているほか、ネットで学習する自立学習『RED』のフランチャイズ展開をしている。
 
 教育コンテンツ事業では、「教育ノウハウをパッケージ化」することで、世の中になかった「読書教育プログラム」や「個別指導専用テキスト」「中国語検定テキスト」等を開発・出版。デジタル教材の開発も行っている。
 
 生涯教育事業では、現在の「美容」「健康」ブームを背景に若い女性を中心にダンス部門が急拡大中で、日本最大規模のフラダンス講座をはじめ、今後のチェーン化で「ダンスで全国No.1ブランド」を目指している。
 
 前2018年3月期第3四半期は、中核事業の「森塾」(個別指導塾)を3月に直営教室として新たに8教室開校し、首都圏における認知度が向上、規模の拡大を図ったほか、夏期講習(7月・8月に実施)以降の新規集客のため、WEBプロモーションを中心とした広告宣伝活動を積極的に行った。
 
 前18年9月期第3四半期業績実績は、売上高75億2500万円、営業利益18億1900万円、経常利益17億8300万円、純利益11億7100万円に着地。
 
 前18年9月期業績予想は、売上高103億6300万円(前期比21.9%増)、営業利益23億5100万円(同2.0倍)、経常利益23億0800万円(同98.1%増)、純利益15億6400万円(同83.0%増)を見込む。年間配当は30円(第2四半期末15円、期末15円)を予定している。
 
 株価は、7月25日につけた上場高値3095円から8月20日安値2550円まで調整を挟んで9月26日に高値3095円と上昇。その後、モミ合っている。配当落ちに伴う処分売りに下げていたが、2800円割れで下値を固める動きとなっている。配当性向30%程度メドで、来19年9月2ケタ増益、増配含みと観測されており、11月13日の9月期本決算の発表に期待が持てる。ここから決算発表を前に下押す場面があれば、買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)