ハノイ市を拠点に急成長中の新興不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は、今月10日に予定していた運航開始を年末に延期することを発表した。延期の理由は、航空輸送事業許可を取得していないため。

  これに先立ち、同社はアイルランドの航空機リース会社WWTAI AirOpCo II DAC社が保有する仏エアバス社(Airbus)の機体3機をリースする計画を明らかにした。今年11月にエアバスA319型機とA320型機の計2機、2019年1月にもA320型機1機を受領する予定だ。

  同社は、2017年半ばに資本金7000億VND(約34億5000万円)で設立され、事業期間は2018年7月9日から50年間となっている。2018年7月には、資本金を1兆3000億VND(約64億円)に増やした。(情報提供:VERAC)