昨日は、南アフリカランドが大きく反発した。買い材料は、汚職疑惑が浮上したネネ財務相に代わり、ムボウェニ氏を起用した事だ。市場の信認が厚いネネ氏に疑惑が生じた事はランドのネガティブ材料となっていたが、ラマポーザ大統領が迅速な対応を取り、元南ア中銀総裁のムボウェニ氏を次期財務相に指名した事でアク抜け感が広がった。

 中国株や人民元の下落が一服した事も相まって、ランド/円は7.51円前後から急・・・・

続きを読む