グエン・チー・ズン計画投資相は4日に開催された、ベトナムにおける外国直接投資(FDI)誘致30年を振り返る会議で、「外国投資はベトナム経済の重要な構成要素となった」とこれまでの成果を評価した。

  2018年8月20日までの外国投資案件の累計件数は2万6500件で、総認可額は3340億USD(約38兆円)、総実行額は1840億USD(約21兆円)に上る。1991~2017年期の全社会開発投資額のうち、外国投資資金の割合は18~25%を占めている。

  外国投資セクターからの税収は、1994~2000年期の7年間で計18億USD(約2050億円)だったが、2011・・・・

続きを読む