MTG <7806> (東マ)は、7月10日に東京証券取引所マザーズに上場。同社グループは、「ブランド開発カンパニー」として「クリエイション」「テクノロジー」「ブランディング」「マーケティング」という4つの軸を融合した事業ビジョンに基づき、世界中の人々の人生をより美しく、より健康的に輝かせるためのBeauty・Wellnessをテーマにしたブランド及び商品の開発を行っており、積極的な新商品開発、マーケティング、同社技術の研究発表、市場開拓、海外展開及び事業提携を進めている。
 
 10月1日に同社は、BEAUTY&WELLNESSの事業分野拡大に向け、コーポレートベンチャーキャピタル「MTG Ventures」を設立したと発表した。投資枠は50億円で、BEAUTY&WELLNESS-TECH、FOOD-TECH及びSPORTS-TECHの分野を主な投資対象とし、スタートアップ企業と事業を共創する。同社の強みであるブランド開発力やグローバルな販路を投資先スタートアップ企業に提供することで、投資先の事業拡大のスピードを加速させるほか、この投資活動により、MTGグループを中心 としたベンチャーエコシステムを構築し、インクルーシブなイノベーションの連続的創出を行っていく。
 
 足元の業績は、前2018年9月期第3四半期業績実績が、売上高434億9900万円、営業利益70億5100万円、経常利益73億8900万円、純利益47億7900万円に着地。
 
 前18年9月期業績予想は、売上高600億円(前期比32.4%増)、営業利益75億4700万円(同30.4%増)、経常利益80億2100万円(同31.1%増)、純利益55億円(同27.7%増)を見込む。年間配当は期末一括1.61円を予定している。
 
 株価は、7月12日につけた上場来の高値8120円から8月16日につけた上場来安値6020円まで調 整を挟んで9月27日高値7080円と買われた後、モミ合っている。BEAUTY&WELLNESSの事業分野の拡大、今19年9月期営業利益25%増益、増配含みが観測されている。決算期越えに伴う処分売りに押されているが、売り一巡し需給改善となれば、二番底形成から反転相場が期待される。11月13日に予定される9月期本決算の発表を前に6000円に接近押す場面があれば、買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)