サインポスト <3996> (東マ)は、システム開発コンサルティングや小売店舗向けAI無人レジシステムなどを展開している。19年2月期増収増益予想である。株価はAI無人レジの実証実験を好感して戻り歩調だ。
 
■システム開発コンサルティングや小売店向けAI無人レジシステムなど展開
 
 金融機関向けを中心とするシステム開発コンサルティング、事業性評価サービスなどのソリューション、AI(人工知能)技術を活用した小売店舗向け無人レジシステムなど展開している。
 
 17年12月にはSCSKと共同開発契約を締結した。小売店舗のレジ無人化を目指し、画像認識技術とAI技術を活用したスーパーワンダーレジ(AI無人決済レジシステム)の製品化、および製品化しているワンダーレジ(設置型AIレジ)の改良を推進する。
 
 18年6月には大手企業の社内弁当販売にワンダーレジ3台を導入して実利用を開始、18年9月にはJCBと共同でワンダーレジを利用した店舗支援の実証実験を開始した。10月2日にはJR東日本 <9020> およびJR東日本スタートアップと共同で、赤羽駅においてスーパーワンダーレジを導入した店舗の実証実験を行うと発表した。
 
■19年2月期増収増益予想
 
 19年2月期の非連結業績予想は売上高が18年2月期比3.4%増の31億26百万円で、営業利益が8.3%増の4億01百万円、経常利益が11.4%増の3億98百万円、純利益が5.5%増の2億58百万円としている。主力のコンサルティング事業で、金融機関を中心とした既存案件の継続的な受注、および新規案件の獲得を見込んでいる。
 
 第1四半期は売上高が6億33百万円、営業利益が52百万円、経常利益が51百万円、純利益が33百万円だった。概ね計画水準で順調に推移したとしている。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価は戻り歩調
 
 株価(18年3月1日付で株式4分割)は、6月安値2116円で底打ちして戻り歩調だ。10月3日には3805円まで急伸する場面があった。10月3日の終値は3590円、今期予想PERは約138倍、時価総額は約368億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線が26週移動平均線を上抜いて先高観を強めている。17年12月高値4987円を目指す展開を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)