イーエムネットジャパン <7036> (東マ)は、9月21日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、インターネット広告に関する最新の情報と運用ノウハウで、クライアント企業のニーズに応えるため、デジタルマーケティングにおける課題を解決し、更なる利益向上を図るための戦略・運用・分析・改善サービスまで提供している。
 
 クライアント企業の運用パートナーとなる同社アカウントエグゼクティブが、常にクライアント企業のビジネスの成果を最大化していくために最適な検索連動型広告、運用型ディスプレイ広告、SNS広告、フィード広告、純広告、海外向け広告、アクセス解析、コンテンツマーケティング、WEBサイト製作、LP/バナー製作の提案を行っている。
 
 今2018年12月期第2四半期業績実績は、売上高33億7000万円、営業利益1億3400万円、経常利益1億3100万円、純利益8900万円に着地。
 
 今18年12月期業績予想は、売上高65億3400万円(前期比7.5%増)、営業利益2億円(同21.0%増)、経常利益1億8800万円(同12.2%増)、純利益1億3000万円(同15.3%増)を見込む。年間配当予想については、東証マザーズ市場への上場を記念して、1株当たり10円の記念配当を実施する予定。
 
 株価は、上場初日の9月21日に公開価格3000円の2.33倍相当の7000円で初値をつけ、同日高値8070円と上昇。同25日安値6410円まで売られた後、上場を記念した配当実施との発表を好感し、同28日高値8670円と買い進まれた。その後は、モミ合っている。来19年12月期営業利益は3割増益が観測されているほか、従来無配としていた普通配当については、今後、検討していくようで、7500円割れで下値を固めつつあり、押し目買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)