オロ <3983> は、クラウド型ERPの開発・販売、およびデジタルを基軸としたマーケティング支援を主力としている。18年12月期増収増益予想である。第2四半期累計が高進捗率であり、上振れ期待が高まっている。株価は上場来高値圏だ。自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。
 
■ビジネスソリューションとコミュニケーションデザインを展開
 
 クラウド型ERP(統合型基幹業務パッケージソフトウェア)で企業の業務改善・経営効率化を支援するビジネスソリューション事業、およびデジタル基軸に企業のマーケティング活動を支援するコミュニケーションデザイン事業を展開している。
 
 知的サービス業に特化した主力の自社開発クラウド型ERP「ZAC Enterprise」は、広告・IT・コンサルティング業などに豊富な導入実績を誇り、稼働ライセンス数が10万を超えている。
 
 18年7月にはシンガポールのCDA社を子会社化、マレーシアのCDA社子会社を孫会社化した。デジタルマーケティングの東南アジアにおける販路を拡大する。また18年8月には社内新規事業立ち上げプロジェクト初の新会社として、VR・3D領域に特化したサービスを展開するエクスペクアを設立した。非連結子会社となる。
 
■18年12月期増収増益予想で上振れ期待
 
 18年12月期連結業績予想は、売上高が17年12月期比16.7%増の45億64百万円、営業利益が6.9%増の9億18百万円、経常利益が9.0%増の9億15百万円、純利益が9.9%増の6億31百万円としている。先行投資負担を吸収して増収増益予想である。ビジネスソリューション事業は12.2%増収、コミュニケーションデザイン事業は20.9%増収の計画である。
 
 第2四半期累計は売上高が前年同期比37.0%増の25億43百万円、営業利益が84.4%増の6億73百万円だった。ビジネスソリューション事業が30.8%増収、コミュニケーションデザイン事業が42.9%増収と好調に推移して大幅増収増益だった。通期予想に対する進捗率は売上高55.7%、営業利益73.4%と高水準である。通期予想に上振れ期待が高まる。
 
■株価は高値圏、自律調整一巡して上値試す
 
 株価は9月26日の上場来高値7000円まで上伸した。その後一旦反落したが自律調整の範囲だろう。10月1日の終値は6030円、今期予想連結PERは約79倍、時価総額は約500億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)