ドル円の9月相場は米国の利上げ以降、比較的ボラティリティ(変動幅)の大きな相場展開になった。久しぶりにドル円も1ドル=113円台に乗せ、為替相場も新たな局面に入りつつあると言っていいだろう。株式市場も米国のダウ平均は史上最高値を更新し、日経平均株価もバブル後の最高値を更新するなど、順調な動きを見せている。こうした中で、米国の中間選挙がいよいよ近づきつつある。相変わらずトランプ米大統領は中国との貿易戦争に邁進・・・・

続きを読む