ブライトパス・バイオ <4594> (東マ)は、がん免疫療法の一つである「がんペプチドワクチン」の開発を目指す創薬ベンチャーである。株価は15年の上場来安値を割り込むことなく底固め完了感を強めている。反発を期待したい。
 
■がん免疫治療薬の開発目指す創薬ベンチャー
 
 がん免疫療法の一つである「がんペプチドワクチン」の開発を目指す創薬ベンチャーである。がん免疫療法の開発領域を拡げ、旧グリーンペプタイドが17年7月社名変更した。
 
 パイプラインは、富士フイルムへ導出した前立腺がんを適応症とするペプチドワクチンITK-1が国内で第3相、がんペプチドワクチンGRN-1201がメラノーマを適応症として米国で第1相、非小細胞肺がんを適応症として米国で第2相(免疫チェックポイント抗体併用)の段階である。非小細胞肺がんを適応症とするネオアンチゲン(薬剤耐性獲得腫瘍特異的遺伝子変異)ワクチンのGRN-1301、新規他家がん免疫療法のiPS-NKT細胞療法は基礎研究の段階である。
 
 なお前立腺がんを適応症とするペプチドワクチンITK-1については、18年5月に主要評価項目を達成できなかったと発表している。今後の方針については、臨床試験データの詳細な分析を基に、導出先の富士フイルムが検討する。
 
 また18年7月には、東京大学および順天堂大学と進めてきたEBウイルス由来リンパ腫を適応症とするiPS再生T細胞療法iPS―Tにかかる共同研究の終了を決定した。細胞医薬のポートフォリオを見直した。
 
 19年3月期は、パイプライン開発進捗で研究開発費が増加するため、赤字拡大予想である。ITK-1第3相試験結果を受けての影響は精査中としている。
 
■株価は底固め完了して反発期待
 
 株価はITK-1第3相試験結果に対する失望売りで急落したが、その後は15年12月の上場来安値235円を割り込むことなく、8月安値243円から切り返している。9月28日の終値は303円、時価総額は約127億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線突破の動きを強めている。底固め完了して反発を期待したい。 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)