双日株式会社(東京都千代田区)は、地場食料・アグリビジネス大手パングループ[PAN](The Pan Group)の既存発行株式数の10.03%に相当する1340万株を第三者割当増資引き受けにより取得し、同時にPANとの間で戦略的業務提携を締結した。

  PANは、ベトナム最大手の証券会社サイゴン証券[SSI](Saigon Securities)の創設者であるグエン・ズイ・フン氏によって設立され、2010年にホーチミン証券取引所(HSX)上場を果たした。種子製造販売会社や製菓会社に加え、農産品や水産品の大手加工輸出会社や養殖会社、農作物関連会社など多岐にわたる事業を展開している。

  一方双日は、ベトナムにおいて肥料製造や飼料製造、製粉、食品卸、惣菜製造、コンビニエンスストア運営など、様々な分野で事業を展開し、食料バリューチェーンの構築を進めるとともに、安心・安全な食品を提供している。

  今回のPANへの増資引き受けにより、営農や食品加工といった新規事業の創出や、養殖および水産品加工の拡張など、両社のベトナム事業におけるシナジー効果の最大化を図っていく。

  また、双日およびPANは、今回の戦略的業務提携を経て、両社の食料・アグリビジネスに携わる人材による協業促進委員会を設置して両社の連携を強化し、ベトナム国内外での事業拡大の加速化を図る。(情報提供:VERAC)