ナレッジスイート<3999>(東マ)は、中堅・中小企業向けに特化した営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーである。18年9月期は第3四半期から連結決算に移行し、17年9月期個別業績との比較で大幅減益見込みだが、19年9月期の収益改善を期待したい。株価は上場来安値を更新する展開だが、ほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。

■営業支援や顧客管理のクラウド型統合ビジネスアプリケーションを提供

 中堅・中小企業向けに特化した営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーである。営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)とグループウェアを連動したクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の導入実績は累計4900社以上である。

 事業区分は、主力の「Knowledge Suite」を提供して月額利用料を得るクラウドサービス、クラウドサービス導入企業に対するコンサルティングやクラウドインテグレーションなどを提供するソリューションサービスとしている。

 18年6月フジソフトサービスを子会社化、18年7月インプリム社と資本業務提携した。9月14日にはIT技術者派遣サービスのビクタスを子会社化(株式譲渡実行18年10月1日予定)すると発表した。
■18年9月期は減益予想、19年9月期の収益改善期待

 18年9月期の連結業績予想(フジソフトサービスを子会社化して第3四半期から連結決算に移行)は、売上高が9億52百万円、営業利益が34百万円、経常利益が24百万円、純利益が41百万円としている。のれん償却費等も織り込んだ。個別業績予想は8月13日に減額修正した。継続を織り込んでいた大手企業の大口契約が終了となり、クラウドサービス継続収入が大幅減少する。またソリューションサービスの受注も想定を下回る。

 18年9月期連結業績は17年9月期個別業績との比較で大幅減益の見込みだが、19年9月期の収益改善を期待したい。

■株価は底値圏

 株価(18年4月1日付で株式2分割)は上場来安値を更新する展開で、9月26日には1082円まで下押した。ただし17年12月IPO時の高値2555円から半値割れ水準まで下押してほぼ底値圏だろう。9月27日の終値は1103円、時価総額は約55億円である。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)