プロレド・パートナーズ <7034> (東マ)は、7月27日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、コストマネジメントを主軸に営業戦略/マーケティングからCREマネジメントまで幅広い経営コンサルティングサービスを「成果報酬型」で展開している。
 
 具体的には、コストマネジメント間接材/直接材、BPO/BPR+業務改善プログラム、販売価格の最適化、法人営業マネジメント、CREマネジメントを行っている。
 
 9月13日大引け後に決算した今2018年10月期第3四半期業績実績は、売上高14億1300万円、営業利益6億6200万円、経常利益6億4000万円、純利益4億4200万円に着地。
 
 今18年10月期業績予想は、売上高14億3200万円(前期比41.4%増)、営業利益5億6000万円(同2.0倍)、経常利益5億6000万円(同2.0倍)、純利益3億5200万円(同77.8%増)を見込む。
年間配当は、無配を予定している。
 
 株価は、8月21日につけた上場来安値6190円を底に9月19日に上場来高値14270円と上昇。高値圏で頑強な動きとなっている。IoTデバイスやビッグデータの進化により、「あらゆる状況が定量化」されることに加え、「あらゆるデータが蓄積」され、「成果の定量化」が可能になることで、コンサルティング業界でも「成果報酬型」のニーズが益々高まると予想しており、高い成長が続く見通し。足元で今10月期第3四半期業績が年計画を上回り順調に推移しており、上値基調を強めると予想する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)