ニーズウェル <3992> (東2)は業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。18年9月期は売上高が計画未達だが増収を確保し、経常利益と純利益を増額修正して増益予想である。株価は上場来安値圏だが底固め完了感を強めている。反発を期待したい。
 
■業務系システム開発が主力のシステムインテグレータ
 
 金融業界向け業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。業務アプリケーション開発、基盤構築、組み込み系システム開発などを展開している。18年6月にはRPAソリューション「WinActor」を日清食品ホールディングス<2897>に販売・導入したと発表している。
 
 18年8月にはAI inside社との販売パートナーシップ契約締結を発表した。RPAソリューション「WinActor」とAI inside社のAI-OCRソリューション「DX Suite」のシナジーを目指す。
 
■18年9月期増収増益予想、売上高未達だが経常利益と純利益を増額修正
 
 18年9月期の非連結業績予想(9月18日に売上高を減額修正、営業利益を据え置き、経常利益と純利益を増額修正)は、売上高が17年9月期比1.6%増の51億45百万円、営業利益が6.4%増の4億71百万円、経常利益が8.5%増の4億62百万円、純利益が10.8%増の3億18百万円としている。
 
 売上高は、IT技術者の確保や採用が計画を下回り、全ての受注案件に対応できないため計画を下回るが、微増収を確保する。利益面では、新規案件を含めた高付加価値案件の獲得や、生産性向上の効果で増益の見込みだ。
 
■株価は底固め完了感
 
 株価(18年4月1日付で株式2分割)は上場来安値圏でモミ合う形だ。ただし9月13日安値1174円から切り返して底固め完了感を強めている。9月25日の終値は1243円、今期予想PERは約16倍、時価総額は約52億円である。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)