HEROZ <4382> (東マ)は、世界最高峰の将棋人工知能(AI)の開発を通じて蓄積したAIサービス「HEROZ Kishin」を提供している。19年4月期2桁増収増益予想で、第1四半期は順調だった。株価は底固め完了感を強めている。反発を期待したい。
 
■将棋人工知能開発で蓄積したAIサービスを提供
 
 18年4月東証マザーズに新規上場した。世界最高峰の将棋人工知能(AI)の開発を通じて蓄積した深層学習(ディープラーニング)を含む機械学習によるAI関連手法をコア技術として、様々な課題を解決するAIサービス「HEROZ Kishin」を各産業に提供している。
 
■19年4月期2桁増収増益予想で1Q順調
 
 19年4月期の非連結業績予想は、売上高が18年4月期比12.6%増の13億円、営業利益が12.9%増の4億円、経常利益が18.1%増の4億円、純利益が13.3%増の2億80百万円としている。
 
 第1四半期は、売上高が2億96百万円、EBITDA(営業利益+各種償却費)が1億08百万円、営業利益が1億04百万円、経常利益が1億04百万円、純利益が71百万円だった。BtoB向けAIサービスにおいて継続案件や新規案件が拡大し、BtoC向けAIサービスにおいては「将棋ウォーズ」が堅調に推移した。
 
 通期ベースでも、BtoB向けAIサービスが大幅伸長して先行投資負担を吸収する。第1四半期の進捗率は売上高が22.8%、EBITDAが24.0%、営業利益が26.0%と順調である。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価は底固め完了感
 
 株価はIPO人気が一巡して底這いの展開だが、6月の安値1万6120円を割り込むことなく推移して底固め完了感を強めている。9月25日の終値は1万7510円、今期予想PERは約210倍、時価総額は約588億円である。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)