東京市場のドル/円は、3連休明けのゴトー日(5・10日)につき仲値にかけてドル買い・円売りが強まると、7月19日以来となる112.90円台まで上昇しました。その後はやや伸び悩んでおり、欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

9/25(火)
17:10 プラートECB専務理事、講演
17:30 コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
17:40 ブリハ英MPC委員、講演
21:30☆第2回日米通商協議(FFR)
22:00 米7月住宅価格指数
22:00 米7月ケース・シラー住宅価格指数
23:00 米9月リッチモンド連銀製造業景気指数
23:00☆米9月消費者信頼感指数
26:00 米5年債入札 (380億ドル)

9/26(水)
07:45  NZ8月貿易収支
※☆は特に注目の材料

 ドル/円は約2カ月ぶりの113円台乗せを試しましたが、東京市場では届きませんでした。第2回日米通商協議(FFR)への警戒感がくすぶっているとの見方もあるようです。明日には、日米首脳会談の他、米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策金利発表が行われます。FFRを無難に乗り切っても、ドル/円は徐々に値動きが鈍る事になるかもしれません。(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.400-113.200円)(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)