エクスモ―ション <4394> (東マ)は、7月26日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、第4次産業革命が加速する中、「専門性の高い人材」「組込みソフトウェアに専門特化した事業」「ワンストップ支援」を強みとして、ソフトウェアが中心的な役割を果たす新しい世界に貢献システムおよびソフトウェアに対するテクニカルコンサルティングおよびエデュケーションサービスを行っている。
 
 コンサルティング事業では、自動車やロボット、医療機器等の製品に組込まれる「組込みソフトウェア」の品質改善に特化したコンサルティングを提供している。
 
 教育・人材育成事業では、コンサルティングで当社が活用するエンジニアリング手法については、同社内で技術習得用のトレーニング教材を独自開発している。
 
 ツール事業では、コンサルティングで実績のあるソリューションの一部は、多くの方に低価格で利用して頂けるよう、ツールとしても提供している。
 
 今2018年11月期第2四半期業績実績は、売上高3億9200万円、営業利益8700万円、経常利益8900万円、純利益5800万円に着地。
 
 今18年11月期業績予想は、売上高8億3400万円(前期比20.2%増)、営業利益1億4300万円(同14.4%増)、経常利益1億4500万円(同16.1%増)、純利益9600万円(同12.9%増)を見込む。年間配当は未定(前期実績1400円)としている。3月16日付で普通株式1株につき50株の株式分割を実施済み。
 
 株価は、8月10日につけた上場来高値6400円から8月21日の上場来安値4000円まで調整を挟んで同30日高値5290円。9月7日安値4115円と下げてモミ合っている。特に自動車分野に大きな実績を持ち、自動運転(ADS)、先進安全支援(ADAS)、ハイブリッド(HEV)、電気自動車(EV)、燃料電池(FCV)、インフォティメント(IVI)等の製品開発支援のほか、自動二輪、建設機器、農機、医療、産業機械、鉄道等あらゆる分野での開発支援で一段の成長が期待される。10月12日に予定される第3四半期決算を前に4000円に接近する場面があれば、下値買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)