ドル円は東京時間夕方に112円44銭まで買われたものの、NY市場では上値を試すこともなく小動き。112円前半から半ばで推移し、上値がやや重くなってきたが、米金利の上昇がドルをサポート。ユーロドルはやや水準を下げ、1.16台で推移。中国の李首相が人民元切り下げを否定したことで、新興国通貨や豪ドルが上昇。株式市場は続伸したが、ナスダックは小幅なマイナスで引ける。米長期金利が続伸したことで、ダウは金融株を中心に1・・・・

続きを読む