FCM <5758> (JQ)は電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。19年3月期減益予想だが、第1四半期が高進捗率であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価はモミ合い煮詰まり感を強めている。上放れを期待したい。
 
■電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキが主力
 
 高度な表面処理技術(メッキ加工、回路形成など)をベースに、電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。古河電気工業<5801>の連結子会社である。
 
■19年3月期減益予想だが1Q高進捗率で上振れ余地
 
 19年3月期の非連結業績予想は、売上高が18年3月期比0.5%増の236億22百万円、営業利益が11.2%減の5億81百万円、経常利益が11.9%減の5億73百万円、純利益が11.5%減の4億01百万円としている。一部の受注が18年3月期に前倒しになったことに加えて、スポット案件を計画に織り込んでいないため、微増収・減益予想としている。
 
 第1四半期は売上高が前年同期比9.3%増収、営業利益が3.7倍増益、経常利益が3.7倍増益、純利益が3.8倍増益だった。電子機能材事業において自動車・産業機器・医療機器関連が順調だった。
 
 そして通期予想に対する進捗率は売上高25.4%、営業利益32.4%と高水準だった。第2四半期以降に受注調整も予想されるとして通期予想を据え置いたが、上振れ余地がありそうだ。
 
■株価はモミ合い煮詰まり感
 
 株価は3500円近辺でモミ合う展開だが煮詰まり感を強めている。9月19日の終値は3520円、今期予想PERは約15倍、時価総額は約60億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線が26週移動平均線を上抜いて先高観を強めている。上放れを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)