為替が終値ベースでは7月以来、約2カ月ぶりの1ドル=112円を回復! このところ111円前後の(110円台~111円台での)とても狭い範囲で下がったり上がったりを繰り返すレンジ相場が続いていました。先々週はレンジの下限(110円台)に接近して下抜ける懸念もありましたが、すぐに反発。一転して先週は上限に迫り、上限をブレイクしたと判断されるチャート分析上のシグナル、すなわち円安シグナルが点灯。週末は順調に112・・・・

続きを読む