アルトナー <2163> は、輸送用機器や電気機器分野を中心として、設計開発・ソフトウェア開発の技術者派遣事業を展開している。需要が高水準に推移して19年1月期2桁増益予想である。第2四半期累計も順調だった。株価は第2四半期累計業績にネガティブ反応となったが、売り一巡して出直りを期待したい。
 
■技術者派遣事業を展開
 
 輸送用機器や電気機器などの分野を中心として、機械設計開発、電気・電子設計開発、ソフトウェア開発の技術者派遣事業(常用型、登録型)および請負・受託事業を展開している。
 
■19年1月期2桁増益予想で2Q累計順調
 
 19年1月期非連結業績予想は、売上高が18年1月期比7.0%増の61億70百万円、営業利益が12.8%増の7億68百万円、経常利益が11.8%増の7億72百万円、純利益が10.5%増の5億31百万円としている。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比9.0%増の30億84百万円、営業利益が8.0%増の3億94百万円、経常利益が8.1%増の4億01百万円、純利益が7.5%増の2億75百万円だった。自動車・自動車部品・電機メーカーを中心に技術者要請が増加し、技術者派遣事業における稼働人員の増加、技術者単価の上昇で増収増益だった。
 
 第2四半期累計の進捗率は売上高50.0%、営業利益51.3%と順調である。需要が高水準に推移して通期ベースでも好業績が期待される。
 
■株価は売り一巡して出直り期待
 
 株価(18年4月1日付で株式2分割、18年7月3日付で東証2部から東証1部に市場変更)は、第2四半期累計業績にネガティブ反応となったが、9月11日の直近安値965円から切り返しの動きを強めている。
 
 9月14日の終値は1018円、今期予想PERは約20倍、時価総額は約108億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線を割り込んだが、売り一巡して出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)