CRI・ミドルウェア <3698> (東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。スマホゲーム向けの好調などで18年9月期大幅増収増益予想である。株価は安値圏モミ合いから上放れた。そして一気に年初来高値更新の展開となった。上値を試す展開を期待したい。
 
■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売
 
 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。
 
 17年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が61%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が6%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%だった。またゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年6月時点で累計4467となった。
 
 重点戦略として、スマホゲーム分野の受注拡大を加速するとともに、新規注力分野として監視カメラ、Web動画、車載などへの展開も推進している。18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本業務提携した。IoTセキュリティに対応した監視カメラ・セキュリティソリューションのグローバル展開を目指す。18年5月には画像最適化ソフトウェア開発・販売のウェブテクノロジおよびウェブテクノロジ・コムを子会社化した。
 
■18年9月期大幅増収増益予想
 
 18年9月期連結業績予想(ウェブテクノロジおよびウェブテクノロジ・コムを子会社化したことに伴い8月7日に増額修正)は、売上高が17年9月期比23.1%増の15億50百万円、営業利益が2.7倍の3億15百万円、経常利益が2.6倍の3億15百万円、純利益が2.7倍の2億17百万円としている。スマホ向けの好調が牽引して大幅増収増益予想である。
 
■株価は年初来高値更新の展開
 
 株価は直近安値圏2000円近辺でのモミ合いから上放れた。そして一気に年初来高値更新の展開となった。9月12日の終値は2769円、今期予想連結PERは約60倍、時価総額は約137億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線が上向きに転じて先高観を強めている。上値を試す展開を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)