LITALICO <6187> は、障害者向け就労支援事業および教育事業を展開している。19年3月期増収増益予想である。株価は8月中旬に動意づいて上場来高値更新の展開となった。第1四半期業績の高進捗率を好感し、さらに官公庁の障害者雇用数の水増し問題発覚も材料視された形だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。
 
■障害者向け就労支援事業および教育事業を展開
 
 障害者向け就労支援事業および教育事業を展開し、障害のある当事者に直接届ける「LITALICOワークス」「LITALICOジュニア」の店舗サービスを主力としている。
 
 18年5月発表の新事業方針では、インターネットプラットフォーム「LITALICO発達ナビ」「LITALICO仕事ナビ」を軸に、障害分野のトータルソリューション(当事者向けサービス、家族向けサービス、福祉施設向けサービス)展開を推進するとしている。
 
■19年3月期増収増益予想で1Q高進捗率
 
 19年3月期の連結業績予想は、18年3月期の非連結業績との比較で、売上高が17.6%増の122億12百万円、営業利益が9.2%増の8億16百万円、経常利益が7.6%増の8億36百万円、純利益が14.0%増の5億70百万円としている。インターネットプラットフォームを軸に障害分野のトータルソリューション展開を推進し、既存の店舗サービスも新規出店で拠点拡大する。先行投資負担を吸収して増収増益予想である。
 
 第1四半期は売上高が29億73百万円、営業利益が3億04百万円、経常利益が3億08百万円、純利益が2億06百万円だった。そして通期予想に対する進捗率は売上高24.3%、営業利益37.3%、経常利益36.8%、純利益36.1%と高水準だった。通期ベースでも好業績が期待される。
 
■株価は上場来高値圏
 
 株価は8月中旬に動意づいて上場来高値更新の展開となり、9月3日の2634円まで上伸した。第1四半期業績の高進捗率を好感し、さらに官公庁の障害者雇用数の水増し問題発覚も材料視された形だ。その後は上げ一服の形だが自律調整の範囲だろう。9月12日の終値は2386円、今期予想連結PERは約73倍、時価総額は約418億円である。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)