商工組合中央金庫(商工中金、東京都中央区)は7日、ベトナムに進出する中小企業や同国に関連するビジネスを行う中小企業に対するソリューション提供の強化を目的として、ベトナム計画投資省海外投資局(FIA)と業務協力に関する覚書を締結した。

  商工中金は、バンコク銀行のホーチミン支店に職員を派遣しており、今回のFIAとの連携により、最新の投資関連情報の提供や現地での金融支援など、顧客のベトナム進出検討段階から現地での事業拡大ニーズまで幅広くサポートしていく。

  提携内容は、◇投資促進に関する定期的な意見交換、◇日系企業によるベトナム投資促進のためのセミナー・展示会・投資ミッションなどの共催、◇ベトナム投資に関する最新の法規制情報の提供、◇両国の地域間交流促進への協力などとなっている。(情報提供:VERAC)