ドル円は小幅に上昇したものの、111円25銭で上昇がストップ。不透明な通商問題がドルの上値を抑える。その後111円台で推移しながら、111円05-15銭で取引を終える。ユーロドルは1.16の攻防から抜けきれず、この日も上値、下値とも限定的だった。株式市場はまちまち。ダウは59ドル安だったが、S&P500とナスダックは5日ぶりに反発。債券相場はほぼ変わらず。長期金利は2.93%台で推移。金と原油はともに続落。・・・・

続きを読む