アクリート <4395> (東マ)は、7月26日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、「日本におけるSMS配信事業のパイオニア」で「世界が認める、グローバル品質と信頼性」のSMS配信サービスを提供している。国内の携帯電話事業者3社との直接回線接続、大量配信に耐えうるSMS配信システムなどから海外SMSアグリゲーター、IT企業、コールセンター、人材サービス会社等からの支持を受け、業界内でのポジションを確立している。
 
 今2018年12月期第2四半期は、大手グローバル企業が国内向けに配信するSMSを対象としたSMPP国際ゲートウェイサービスの有用性が海外SMSアグリゲーターに浸透し、配信数が増加。また、国内企業向け直接販売においては、債権回収、人材サービス、仮想通貨取引所等の分野でのSMS配信サービスの利用が拡大し、販社・代理店においては、システム開発会社、マーケティング関連企業等の配信数が増加、SMS配信数は180百万通(対前年比78.4%増)と順調に増加している。
 
 今18年12月期第2四半期業績実績は、売上高6億3200万円、営業利益1億0400万円、経常利益9500万円、純利益6400万円に着地。
 
 今18年12月期業績予想は、売上高13億9000万円(前期比46.4%増)、営業利益2億2000万円(同28.3%増)、経常利益2億0100万円(同17.5%増)、純利益1億3000万円(同16.1%増)を見込む。年間配当は、無配を予定している。
 
 株価は、8月7日につけた上場来高値1929円から同21日に上場来安値1202円と調整。同28日高値1544円、9月5日高値1574円と買い直されてモミ合っている。トランスコスモスとの協業による埼玉県三郷市においてSMS配信サービスを導入開始。今期業績予想に及ぼす影響は軽微だが、メッセージの認識率・開封率が他のコミュニケション手段より格段に高くなり、SMSの導入により、連絡がとれるまで電話し続けるという工数や送付状・郵便物等のコスト削減、業務の効率化も期待されることから、今後他の行政機関への導入も見込まれる。1300円どころで下値を固めた感があり、リバウンド相場入りとなるか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)