アイ・ケイ・ケイ <2198> (東1)は「ララシャス」ブランドのゲストハウス・ウェディング事業を主力としている。18年10月期は第3四半期累計が営業減益だったが、通期は新規出店も寄与して営業増益予想である。19年4月には兵庫県神戸市のポートアイランドに新規出店予定である。株価は上値を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■ゲストハウス・ウェディングが主力
 
 ゲストハウス・ウェディングの婚礼事業を主力として、子会社の葬儀事業と介護事業も展開している。
 
 ゲストハウス・ウェディングは「ララシャス」ブランドで、18年7月末現在国内18店舗、海外1店舗を展開している。19年4月には兵庫県神戸市のポートアイランドに新規出店予定である。なお婚礼事業の施行組数は第4四半期(8月~10月)の割合が高い。
 
■18年10月期3Q累計営業減益だが通期営業増益予想
 
 18年10月期連結業績予想は、売上高が17年10月期比10.1%増の200億05百万円、営業利益が10.1%増の20億05百万円、経常利益が10.1%増の20億10百万円、純利益が2.2%減の12億90百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比8.6%増の141億83百万円、営業利益が11.8%減の10億24百万円、経常利益が10.4%減の10億42百万円、純利益が22.8%減の6億94百万円だった。新規店舗(岡崎支店、大阪支店)の稼働などで増収だったが、福岡東店退店による既存店の施行組数の減少、新規出店や海外事業に伴う先行費用の発生、人件費の増加などで営業減益だった。
 
 通期ベースでは、新規店舗の稼働や既存店舗のリニューアル効果で国内婚礼事業の施行組数が増加し、2桁営業増益予想である。通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が70.9%、営業利益が51.1%と低水準の形だが、第4四半期の構成比が高い季節特性があり、通期ベースでは好業績を期待したい。なお18年7月末時点の受注残組数は8.3%増の3988組と高水準である。
 
■株価は調整一巡して出直り期待
 
 株価は第3四半期累計業績も嫌気する形で上値を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。9月6日の終値は767円、今期予想連結PERは約18倍、時価総額は約230億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)