ドル円は東京市場でのドル高の流れを受け上昇。経済指標が上振れしたこともあり、111円51銭までドル高が進んだが、米中貿易問題のさらなる悪化もあり、上値では高値警戒感も。ドル高の流れからユーロドルは小幅に低下。1.1531前後まで売られ、徐々に下値を切り下げる。

 株式市場は貿易問題の不透明感から小幅ながら揃って下落。ダウは7ドル安と、ナイキやフェイスブックなどの下げに押される。債券相場は続落。長期金利は2.89%台後半まで上昇し、2.90%台も視野に。金は続落し1200ドルを割り込む。原油も小幅に続落。 8月ISM製造業景況指数 → 61.3 8月自動車販売台数演   →・・・・

続きを読む