東京市場のドル/円は、一時111.10円台まで強含むも、世界的な貿易摩擦への警戒感から上値が重く、日本株が弱含む中、111円台を割り込んで反落しました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

9/3(月)
16:55 独8月製造業PMI・改定値
17:00 ユーロ圏8月製造業PMI・改定値
17:30☆英8月製造業PMI

9/4(火)
10:30 豪4-6月期経常収支 
13:30☆RBA政策金利発表 

※☆は特に注目の材料

 今夜は米国がレイバーデーの祝日につきNY市場は株・債券が休場です。為替の取引は行われますが、手掛り材料もなく、参加者も少ないとあって、動意は限られそうです。念のためトランプ米大統領の不規則ツイートなどには注意したいところですが、そうした突発材料がなければ閑散ムードが広がりやすいでしょう。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.600-111.300円)

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)