国務院新聞弁公室は8月16日、香港市民らに中国本土での居住証申請を認める「港澳台居民居住証申領発放弁法」を発表した。本土で生活する香港市民にも国民待遇が認められ、本土住民と同様に公共サービスを受けられることとなる。これによって粤港澳大湾区の発展を契機とする本土での就業を促進する考えだ。(編集部・江藤和輝)

 

 同弁法は本土に半年以上居住する香港、マカオ、台湾の市民に居住証の・・・・

続きを読む