東京市場のドル/円は、前日のNYクローズの水準を挟んで111.50-70円台の狭いレンジでもみ合う展開となりました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

8/30(木)
16:55☆独8月雇用統計 
17:30  英7月消費者信用残高
17:30  英7月マネーサプライM4 
18:00  ユーロ圏8月消費者信頼感指数
18:30  南ア7月生産者物価指数 
21:00☆独8月消費者物価指数・速報値
21:30  カナダ6月GDP
21:30☆カナダ4-6月期GDP
21:30☆米7月個人消費支出(PCE)
21:30  米7月個人所得
21:30☆米7月コアPCEデフレーター
21:30☆米新規失業保険申請件数

8/31(金)
08:30  日本7月失業率 
08:50  日本7月鉱工業生産・速報値
10:00  中国8月製造業PMI
※☆は特に注目の材料

 今夜は、米連邦準備制度理事会(FRB)が注目するインフレ指標、米7月コア個人消費支出価格指数(コアPCEデフレーター)が発表されます。とはいえ9月利上げはほぼ織り込み済みにつき、予想から大きく離れた結果にならなければ、ドル/円相場へのインパクトは大きくなさそうです。また、堅調推移が続く米国株の動向も気になるところですが、株高でリスクオンなら円売りとドル売りが綱引きする(リスクオフなら円買い・ドル買い)ケースが多いため、こちらも決め手にはなりにくいでしょう。月初来高値の112.15円前後を窺うにはやや手がかり不足の感が否めません。(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.100-112.100円)(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)