デュアルタップ <3469> (東2)は、東京都区部で投資用マンション分譲を主力としている。19年6月期は前期計上したホテル売却益の反動で減益予想としている。ただし配当は記念配を実施して増配予想としている。株価は急落したが失望売り一巡感を強めている。
 
■投資用マンション分譲が主力
 
 不動産の企画・開発・分譲・管理・仲介事業を展開している。東京都区部で駅近を特徴とする「XEBEC(ジーベック)」ブランドの投資用マンション分譲が主力である。18年7月には建物管理事業の拡大に向けて建物管理サービスを子会社化した。
 
■19年6月期減益予想、配当は記念配当で増配予想
 
 19年6月期の連結業績予想は、売上高が18年6月期比14.4%増の111億90百万円、営業利益が42.3%減の3億26百万円、経常利益が45.9%減の2億72百万円、純利益が42.9%減の1億85百万円としている。
 
 分譲戸数は89戸増加の298戸、賃貸管理戸数は106戸増加の1732戸の計画で2桁増収だが、18年6月期に計上したホテル売却益の反動や、販管費の増加などで減益予想としている。
 
 配当予想は第2四半期末に東証2部上場記念配当3円を実施し、18年6月期比3円増配の年間13円(第2四半期末3円、期末10円)としている。
 
■株価は失望売り一巡感
 
 株価(18年6月28日付で東証JASDAQから東証2部に市場変更)は、19年6月期減益予想を嫌気して急落した。1200円近辺でのモミ合いから下放れの形となり、8月21日の年初来安値629円まで下押した。その後は徐々に下値を切り上げて失望売り一巡感を強めている。8月29日の終値は701円、今期予想連結PERは約13倍、時価総額は約24億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)