ドル円は111円台半ばを超え、111円83銭まで続伸。米株式市場が堅調なことに加え、4-6月期のGDP改定値が4.2%と上方修正されたことでドルが買われた。ユーロドルは小幅に反落したが、1.17を挟む展開に。ユーロ円が130円台後半まで上昇したことも、ユーロドルの下落を支えた。ポンドが急伸。英国がEUからの離脱を巡る問題で、合意に達するとの観測が広がり、対ドルで1.28台後半から1.30台に乗せる。株式市場は4日続伸。米国がメキシコに次ぎカナダとも貿易協定の合意が近いとの見方が広がり、ダウは60ドル高。S&P500は3日連続で最高値を更新。債券相場は小幅ながら続落、長期金利は2.88%台半ばで取り引きを・・・・

続きを読む