ダイキョーニシカワ <4246> は、自動車用樹脂部品を主力として、バスユニット部材などの住宅関連も展開している。19年3月期は減価償却費増加などで減益予想としているが、第1四半期の進捗率が順調であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は年初来安値を更新する展開だが、売り一巡して反発を期待したい。
 
■自動車用樹脂部品を主力に住宅機器も展開
 
 バンパーやインストルメントパネルなどの自動車用樹脂部品を主力として、バスユニット部材などの住宅関連も展開している。自動車関連はマツダ<7261>が主要販売先である。
 
■19年3月期は償却増で減益予想だが上振れ余地
 
 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比0.6%増の1730億円、営業利益が18.0%減の148億円、経常利益が21.6%減の147億円、純利益が17.4%減の103億円としている。配当予想は18年3月期と同額の年間34円(第2四半期末17円、期末17年)としている。
 
 第1四半期は売上高が前年同期比8.8%増収、営業利益が6.3%減益、経常利益が13.2%減益、純利益が11.6%減益だった。地域的には中米・北米が低調だったが、国内、中国・韓国、アセアンが好調に推移し、全体として増収だった。利益は新製品量産準備費用や研究開発費の増加の影響で減益だった。
 
 通期ベースでも、東広島市の新拠点設立に向けて設備投資が増加し、それに伴って減価償却費や量産準備費用が増加する。また働き方改革の推進に伴う費用、海外における金型売上の減少なども影響する見込みとしている。ただし第1四半期の進捗率は売上高25.9%、営業利益25.9%と順調である。通期予想に上振れ余地がありそうだ。
 
■株価は売り一巡して反発期待
 
 株価は5月の年初来高値2066円から反落して水準を切り下げ、8月28日には年初来安値となる1430円まで下押した。年初来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。8月28日の終値は1467円、今期予想連結PERは約10倍、時価総額は約1084億円である。売り一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)