コンヴァノ <6574> (東マ)は、ネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開している。19年3月期第1四半期期は減益だったが、通期は新規出店などで大幅増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、直近安値圏から切り返しの動きを強めている。
 
■ネイルサロンをチェーン展開
 
 18年4月東証マザーズに新規上場した。ネイルサロン「ファストネイル」をチェーン展開するネイル事業、およびCM動画放映や試供品配布などのメディア事業を展開している。
 
 ネイルサロンは安定した品質、低価格、スピード感などを特徴として、三大都市圏(関東、関西、東海)の商業施設内中心に店舗展開している。18年6月末の店舗数は49店舗(うちFC1店舗)である。自社開発WEB予約システムによる集客、分業化による高効率オペレーション、自社育成機関による短期間でのプロネイリスト育成などで収益力向上を図っている。
 
■19年3月期1Q減益だが通期大幅増収増益予想
 
 19年3月期連結業績(IFRS)予想は、売上収益が18年3月期比16.0%増の23億30百万円、営業利益が59.7%増の2億30百万円、親会社所有者帰属当期利益が54.6%増の1億40百万円としている。
 
 第1四半期は、売上収益が前年同期比15.4%増の5億57百万円、営業利益が41.1%減の11百万円、親会社所有者帰属当期利益が43.1%減の6百万円だった。新規出店(18年3月期8店舗、19年3月期第1四半期2店舗)や上場キャンペーンなどの効果で2桁増収だったが、新規出店関連費用やIPO関連費用などで減益だった。ただし計画水準としている。
 
 通期ベースでは、18年3月期出店店舗の通期寄与、および19年3月期の新規出店などで大幅増収増益予想である。好業績を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、5月安値1321円まで下押すことなく、直近安値圏1600円から切り返しの動きを強めている。8月28日の終値は1660円、今期予想連結PERは約26倍、時価総額は約37億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)