東京市場のドル/円は、前日に米国とメキシコが貿易協定で合意し、通商問題への懸念が後退する中で、111.30円台まで円安が進みました。ただ、買い一巡後は111.10円台に押し戻されるなどやや伸び悩む展開となりました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 8/28(火) 20:00 プラートECB専務理事、講演 21:30 米7月卸売在庫 22:00 米6月ケース・シラー住宅価格指数 23:00 米8月リッチモンド連銀製造業景気指数 23:00☆米8月消費者信頼感指数 26:00 米5年債入札(370億ドル) ※☆は特に注目の材料

続きを読む