先週のトルコリラ/円相場は、その前の2週間とは様変わりして17-18円台で比較的落ち着いた展開となった。「犠牲祭」の連休でトルコ金融市場が20日午後から24日まで休場であった影響と考えられる。そうした中、大型連休明けとなる本日27日のトルコ金融市場の動きに市場の関心が集まっている。

 トルコ当局が拘束中の米国人牧師の開放問題をはじめ、トルコ・ショックの原因の多くが未解決のままである事から・・・・

続きを読む