ニーズウェル <3992> (東2)は、業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。18年9月期第3四半期累計は減収減益だったが、通期は業務系システム開発が牽引して増収増益予想である。株価は第3四半期累計業績を嫌気する形で上場来安値を更新したが、売り一巡感を強めている。反発を期待したい。
 
■業務系システム開発が主力のシステムインテグレータ
 
 金融業界向け業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。業務アプリケーション開発、基盤構築、組み込み系システム開発などを展開している。18年6月にはRPAソリューション「WinActor」を日清食品ホールディングス<2897>に販売・導入したと発表している。
 
 また8月9日にはAI inside社との販売パートナーシップ契約締結を発表した。RPAソリューション「WinActor」とAI inside社のAI-OCRソリューション「DX Suite」のシナジーを目指す。
 
■18年9月期3Q累計減収減益だが、通期増収増益予想
 
 18年9月期の非連結業績予想は、売上高が17年9月期比10.6%増の56億円、営業利益が6.4%増の4億71百万円、経常利益が5.5%増の4億50百万円、純利益が4.7%増の3億円としている。需要が高水準の業務系システム開発が牽引して増収増益予想である。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比1.6%減の37億39百万円、営業利益が8.6%減の3億54百万円、経常利益が10.1%減の3億43百万円、純利益が4.8%減の2億36百万円だった。一部案件の期ズレや人材不足の影響で減収減益だったが、生産性向上効果で売上総利益率は1.5ポイント上昇した。
 
 第3四半期累計の進捗率は売上高66.8%、営業利益75.1である。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価は売り一巡感
 
 株価(18年4月1日付で株式2分割)は、第3四半期累計業績を嫌気する形で上場来安値を更新し、8月21日の1174円まで下押した。その後は1200円近辺で推移して売り一巡感を強めている。
 
 8月24日の終値は1210円、今期予想PERは約17倍、時価総額は約51億円である。売り一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)